ICカード共通化

JR各社および大手私鉄を中心とする陣営でほぼ共通化が実現した。
PiTaPa陣営は他のカード陣営と運営方針に微妙な差がある様で、今回も足並みが揃わない。私鉄・公営交通のPiTaPaとJR西日本のICOCAでの共通化はかなり早い段階で実現しているのに、PiTaPa陣営の一部事業者は今回の全国共通化の対象外になっている。
本当の意味での「共通化」とは、いずれかのカードが全ての事業者で使えることだが今回はその様になっていない。特に関西のバス会社や中小私鉄ではICOCAはOKでもSuicaなど他地域のカードは不可という事業者が少なからず存在している。なぜ、そのようなことになったか不明だが、PiTaPaの運営元が共通化に参加する事業者に何らかの負担を求めた可能性がある。磁気カードのスルッとKANSAI導入時から、無理に各社で足並みを揃えないことで出来るところから普及させるという方針なので、利用者にとっては不便でも仕方が無いことかも知れない。

関連記事

コメント

非公開コメント